メニュー

footer logo2

footer logo2

会社概要

ご挨拶 

このたびは「こだわりの日本産米『俵屋米』」をご用命いただき、誠にありがとうございます。

私は、この俵屋米の品質・精米管理を担当しております「新加坡精米所 三代目 俵屋玄兵衛」の佐藤祐一と申します。お届けいたしましたお米は、必ずや皆様の舌を満足させることができると確信しております。

以下、長文とはなりますが、当社の生い立ちと「日本産米へのこだわり」についてお話させていただきたいと存じますので、ご一読願えれば幸いです。

「三代目 俵屋玄兵衛」は2008年、香港で産声をあげました。

食材豊富な香港では、肉・野菜・魚介類は味も鮮度も最高のものが揃っており、日本の味を熟知した料理人がいれば、日本さながらの味を再現することができていました。しかし、なにかが物足りない・・・そう、日本産のおいしいお米が足りなかったのです。

日本産米は農家のたゆまぬ努力の末に生まれた、言うなれば技術の結晶。味や香りも然ることながら、冷えた後でも変色せず、おいしく食べられる点は他国で生産された日本米(いわゆるジャポニカ米)では再現することができません。

もちろんデパートには日本から輸入されたお米が並び、こだわりのレストランでは空輸便で直輸入した日本産米を使用しているところもありました。それでも日本で食べるときとのおいしさの差、品質や鮮度の点で満足できるお米には、ついに巡り合うことはできませんでした。

そんななか、海外初の日本産米専門店として当社は創業。きっかけは「本当に自分が安全・おいしいと思うものを食べたい」というものでした。

自分たちが納得する「顔の見える」日本の農地・農家から、安全でおいしいお米を直接仕入れる為、私たちは全国の農地を渡り歩き、試食を繰り返しました。


当初は「安い米のある海外で受け入れられるはずがない。」「無謀な挑戦じゃないか。」といった声もたくさん頂戴しました。しかし、そんななかでも綺麗な水・空気・土といった環境、そしてなにより情熱をもってお米作りに取り組み、一緒に「メイドインジャパンのお米」の良さを世界中に広めるという、私たちの強い意思に賛同する北海道・ニセコ町の成瀬さん、新潟・南魚沼の大久保さんを始めとした、全国の心強い農家・パートナーと知り合うことができました。そのような日本の農家たちの熱い後押しの中、「このお米なら」と納得した最高品質・減農薬特別栽培(放射能チェック済)の玄米のみを厳選したのが「俵屋米」です。

俵屋玄兵衛の一番のこだわり、それは「世界一の日本産米を最高の状態で」。

お米は生き物。ヒトと同じく呼吸をしています。私たちでは長期保存を可能とする代わりに、呼吸を止め、その命を殺してしまう真空パックではなく、お米を最適環境(18℃)に保つ専用の低温コンテナで玄米のまま輸入し、同様の低温倉庫にて保管を行う方法を選択しました。


そして毎オーダ・お届け日にあわせて、当地国内の自社精米所にて精米。熟練の日本人精米士がその日の気温・湿度といったコンディションにあわせて、精米と梱包を行うことで、鮮度・品質ともに最高の状態で、お手元にお届けすることを可能としました。私たちはこの「昔ながらのお米屋さん」スタイルを海外で初実践。

この妥協のない工程ひとつひとつが、俵屋米の品質を支えています。

今回、私たちは「本当においしい日本産米をさらに世界中で食べられるようにしたい」といった想いから香港とまったく同じ、こだわりのスタイルを踏襲した二号店として「新加坡精米所 三代目 俵屋玄兵衛」をここシンガポールに、2011年12月よりオープン。既に多くの「おいしい」という声を頂いております。(多くの方の支持を受け、延べ10万件以上のオーダ受注を達成。両国合わせて150店以上の素材にこだわる日本料理店さまに選んでいただいております。

※現在は台湾・ハワイにも出店。アジアを中心に他国にも近日中出店予定)

今、お手元に届きました日本産・俵屋米や厳選した日本の食材・お酒を通じて「日本の味・日本の元気」を感じ取っていただけましたら、これ以上の喜びはございません。

俵屋より1つだけお願いがございます。

私たちは「俵屋米」の品質に対して、信念と自信を持って送り出しております。そして最後にご家庭での保存・炊飯を行っていただくのは、購入していただいたお客さま自身です。高温多湿のシンガポールでは特に保存方法にはお気をつけください。冷蔵庫に保存していただければ防カビ・防虫となると共に、風味の劣化が少なくなり、当社設定の賞味期限「精米から2ヶ月」よりも長期間おいしく召し上がっていただくことができます。(俵屋玄兵衛では、空きペットボトルにお米を入れ、そのまま冷蔵庫保存する方法をお勧めしております)

その他、おいしい炊き方など、お米に関してのご質問や、わからない点がございましたら当社専属のお米のソムリエ「米・食味鑑定士」をはじめとした専門スタッフに、お気軽にお問い合わせください。「いつもの食卓・いつもの笑顔・いつもの俵屋米」をモットーに、食卓作りのパートナーとして、的確なアドバイスをさせていただきます。


私たちはまだまだ成長中の身。至らない点が多々あると思っております。お褒めの言葉や改良すべき点、商品に対しての要望がありましたらメール・フェイスブック・お電話にて是非お寄せください。皆様と共に成長し、更なる「おいしいお米」を提供できるよう、いっそう精進したく考えております。


長文ご一読、誠にありがとうございました。お届けいたしました俵屋米を、是非新鮮なうちにお楽しみください。今後ともご愛顧いただけますよう、重ねてお願い申し上げます。

  Managing Director  佐藤 祐一

 

 

会社情報

会社名 WAKKA SINGAPORE PRIVATE LIMITED
設立

2nd Sep 2011

資本金 USD 150,000
住所 15 Jalan Tepong #03-03 Jurong Food Hub Singapore 619336
TEL 9061-6511 / 9061-6524
営業日時 月-金 9:30 – 17:00 祝日休み
海外事務所 日本 Wakka Japan
香港精米所 三代目俵屋玄兵衛
台北精米所 三代目俵屋玄兵衛
ハワイホノルル精米所 The Rice Factory USA

ニューヨーク精米所 The Rice Factory USA

ベトナムホーチミン精米所 三代目俵屋玄兵衛