お米の美味しい炊き方

Product
  • 1 お米を量る

    お米を計量カップで量り、ボールなどの研ぎやすい容器に入れます。

  • 2 すすぐ

    最初の水は、米がヌカ臭さを吸ってしまわないように手早く捨てて下さい。
    (洗米する前に一度お米をすすぐのは、お米の表面についているヌカやホコリを取り除く為)※無洗米でも一度軽くすすぐ事をお勧めします。その際、お米に水を注ぐと若干のにごりが出ますが、これはデンプンが溶けだしたものです。

  • 3 洗米

    かき混ぜながら洗い、白濁色がなくなるまで3回~4回ほど繰り返します。
    (現在は精米技術が進歩した為、昔のようにゴシゴシと力強くお米を研ぐ必要はありません)※玄米は洗米する必要はありません。

  • 4 水加減

    研いだ後はザルに上げ、しっかりと水を切ってから炊飯器の内釜へ移します。
    水加減は米の分量の1.1倍~1.2倍ぐらいが目安。ただし、水加減はお好みで調整してください。
    (ミネラルウォーター/軟水や蒸留水を使用するのであれば、ここで使用するのがオススメです)
    ※無洗米の場合、米1カップにつき大さじ1杯くらいのお水を足すとふっくらした柔らかな炊きあがりになります。
    柔らかめの炊きあがりがお好みの方は、2杯くらい入れて柔らかさをご調整ください。

  • 5 浸水

    そのまま、最低30分は浸水させ、お米に水をしっかり吸わせてから炊き始めてください。

  • 6 蒸らし

    ごはん粒の水分を均一にするため、炊き上がってもすぐに蓋を開けずに5分~10分ほどそのままにして蒸らします。

  • 7 シャリ切り

    釜の底から、ごはん粒を壊さないよう掘り起こすように切りながら混ぜます。
    ごはん粒に冷気をあてて表面の蒸気水を飛ばす事で、歯応えの良い、光沢と透明感のあるごはんが出来上がります。

お米の正しい保存方法

Product

精米の状態での保存方法

お米は「生鮮食品」。高温多湿を避け、風通しの良い冷暗所へ保存するのが適当です。

ところが、シンガポールにはこの条件を満たすキッチンが多くないのが実情です。

その為、お米を密閉容器に入れて冷蔵庫(野菜室)に保存するのがベストです。

そこでオススメなのが、空きペットボトルにお米を入れてそのまま冷蔵庫(野菜室)に
保存する方法。(5kgのお米なら2Lペットボトル約2本分です)
炊く際にお米を軽量しやすく、また冷蔵庫に収納できるので余計な場所をとりません。

また、密封容器に入れ冷蔵庫で保存していたお米は劣化しにくく、匂いも吸収しにくい為、
精米したての新鮮な状態を長く楽しめます。
きちんと保存されているお米と高温多湿の中放置していたお米では、炊いた時の仕上がりが
驚くほど違いますよ。是非お試しください!

炊いたご飯の保存方法

炊飯器での保温は5時間が限界です。
6時間以上保存しておくと、もう1回炊飯するのと同じ位の電気代がかかり、その上食味も落ちてしまいます。
食べきれない場合は、温かいうちにラップに包み(もしくはタッパー等の密封容器に入れ)すぐに冷凍庫に入れましょう。
(なお、炊飯や雑炊のように調理して利用する場合は冷蔵保存でも大丈夫です)
冷まさず温かいうちに冷凍庫に入れたご飯は、電子レンジでチンすれば、炊きたて風の食味がよみがえりますよ。